愛用するデジカメその1

DS-20の紹介

 
   
   

画像サンプル(クリックすると大きくなる)

使ってみての特長

 35万画素の中では画質が結構いい

 発色がもよい

 液晶表表示の追随性がGood

 色合いが自然でいい

 思い通りに撮れる

 スナップ感覚ですぐ撮れる

 スマートメディアは安い

 光学ファインダが結構使える

上野国立博物館

浅草浅草(雨天)

大阪海遊館ストロボ無

2枚貝の化石の接写

販売価格について

発売当初4万円台後半だったもDS-20だが1年ほど経ち価格的には2万円程度となった。画質やトータルバランスから、1年経っても色あせないところがさすがだ。FinePixと使い分けているがDS-20もよく使う。テレビ画面へのスライドショー(提示用)には十分使える。過去の名機であると信じている。

ポスターの接写

ビデオのモーターの接写

 EPSON PM2000C(1440dpi×720dpi)との組み合わせにより

写真に近い画像を得ています。(現在ではもっと高画質のプリンタがありますが…。)

ホームページへ | メールはこちら | フジフィルム株ョ会社